ロボットのいる未来

ロボットのいる未来

業務で使える多くのロボットはイベントに登場する

イベントで人びとからの視線を集めていたのは、娯楽性を重視したロボットの数々です。急激な経済の成長によって、癒やしを求める人が増加したからです。ロボットとの触れ合いを通じて精神的な面で成長できたり、家族との絆を繋ぎ止めるなどの重要な役割を果たした実績があります。しかし、いつまでも同じ文化が続いていく確率が低いのはロボットも同じです。かつては娯楽色が強かったイベントも、今では産業分野での活躍に特化したものが登場しています。時代の移り変わりに伴い人は物質的にも精神的にも満たされたので、一段と生産力を高める必要があります。現時点の労働人口だけでは不十分なので、ロボットの手を借りる気運が高まっているというわけです。研究開発が進められると、成果を発表するためにイベント会場が活用されます。分野ごとに区切られたスペース内において、機能の全てを惜しむことなく披露します。役に立つと認められたものは、現場に投入されます。

日本を代表するロボットイベント

今後の日本を牽引していく産業として大きな期待されている分野がロボットです。
二年に一度開催されている国際ロボット展は東京ビッグサイトで開催されている展示会で、毎年最先端のロボットが世界中から一同に展示されるイベントです。昨年度で21回目の開催となり、これまでの中での最大規模の出展者数の446社と12万人を超える来場者数を記録し、この業界へ熱い視線が注がれていることを証明しました。産業分野のみならずサービス分野でもその需要は高まりつつあり、今後人々の生活への浸透が期待されるアイテムも発表されました。イベント開催期間中には、災害対応用のヒューマノイドロボットのデモンストレーションが実施され、トンネル災害などを想定した場所ででこぼこの地面を歩き、瓦礫で天井が低くなった場所を歩き重量物を撤去したり、バルブを回す、落下して刺さってしまったパイプをトラックから引き抜くなどのデモンストレーションには毎日多くの来場者が釘付けになりました。

Favorite

リーブ21

Last update:2017/6/9