ロボットのいる未来

ロボットのいる未来

ロボットは近い将来、とても身近な存在に

目覚ましい勢いで進歩を始めているのが、ロボット業界です。
数十年前までは、人型による二足歩行ロボットは物理的に実現不可とまで言われていました。
しかし、今日では二足歩行は常識であり、子供向けの玩具の製品でも安定した歩行が可能となっています。
ロボット分野において、日本企業は世界をリードしており、特に宇宙開発、コミュニケーションや介護、福祉、ゲームといったジャンルでの活用が期待されています。
将来的には、人気SF漫画のように子供の世話係としてロボットが家庭に普及する等、明るい未来図が提案されています。
既に感覚的な会話を理解出来る人工頭脳は開発されており、老人ホームや福祉現場では高齢者の話し相手として実用化されています。
将来的にはより人間的な感情を持つ人工頭脳が開発される見込みがあり、いよいよ人間に限りなく近いサイボーグ型の製品が開発します。
近い将来、人工頭脳を持つサイボーグが介護を代行したり、創作や工業の現場において人間的な作業を担えるアシスタントとして活躍する姿が見られるでしょう。

ロボットが将来できるようになること。

ロボットは、人が手作業で行っている仕事を自動化するために作られた機械で、自動車関連の仕事でいえば、ベルトコンベアーに流れてくる自動車部品を組み立てる際にロボットが用いられています。その動きや力の入れ具合はプログラミングによって仕様や動作のフレームワークが作られていますが、カメラを用いた「目」を用い、画像解析の技術も組み合わせれば、将来的には畑の雑草を取ってもらったり、パソコンのディスプレイ上に現れた各ボタン類を認識して自動で入力・操作を行ったり、携帯ゲームのお金稼ぎを自動でしてもらったりすることができるようになるでしょう。その際たるものは人間そのものを再現してしまうというものですが、将来的に人間型ロボットが実現してしまうことで、人は仕事をする必要がなくなってしまい、自分の趣味や娯楽を追求するようになり、さらには星にロボットを送り込んで開発・管理を人間がする、そんな未来がやってくるかもしれません。

Valuable information

海洋散骨依頼
http://ginga-net.com/plan/ocean/

2016/5/18 更新